2016年2月1日~26日、オーストラリアのクイーンズランド州ブリスベンにあるクイーンズランド大学にて24人の学生が語学研修に参加しました。約一ヶ月間におよぶ語学研修では、実業界のエンジニアによる英語での講義や大手エンジニアリング企業の見学など実践の機会も豊富で、生きた英語を身に付けていきました。また、一般家庭に滞在するホームステイを通して、語学の実践力とコミュニケーション力を磨くことができました。自然豊かなオーストラリアを満喫しながら、異文化への理解や英語学習への意欲向上を図りました。

キャンパスツアー
工学部教員による授業
参加した篠﨑 政仁さん(材料工学科3年)

私は一ヶ月間オーストラリアで生活してみて多くの経験をしました。一ヶ月で様々な出来事やハプニングがありました。本場のラグビーの試合を見に行ったり、離島に行ったり、携帯電話を無くしたり壊したりしました。土日はどこに行くのも自由だったので、シドニーやメルボルンに行った人たちもいました。

中でも一番思い出深いのはラグビー観戦です。飛行機やバス、その他チケット類もすべて自分たちで手配するのでネットで手配したのですが、日本から持って行ったクレジットカード(VISA、マスターカード)ではなぜか支払いができないといったハプニングもありました。そのため、わざわざ前日にスタジアムまで行きチケットを購入しました。海外でのハプニングならではの手間を要しました。試合は日本ではとうてい味わうことのできないスタジアムの熱気、雰囲気がありラグビーというスポーツを知らない人でもかなり楽しめるものでした。

その他にもオーストラリアならではの文化を味わえました。遊園地の絶叫系アトラクションでは、日本ほど並ぶ風習がないので1時間も待たずに乗り物に乗れます。絶叫のレベルは普通に高いです。スーパーに行けば格安で4~500gのオージービーフのステーキが売っています。食べ物や服などすべてがオーストラリアサイズなので異国文化を感じるにはぴったりだと思います。

月曜から金曜の授業もとても楽しいです。英語ができなくてもコミュニケーションをしたいという気持ちがあれば、誰でも楽しむことができます。友達もたくさんできます。これらの体験は社会人になってからでは味わうことができません。学生のうちに留学できたことをとてもうれしく思います。この一ヶ月はかけがえのない思い出として僕の心に残るでしょう。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
国際部

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 教室棟2階)
TEL:03-5859-7140/FAX:03-5859-7141
E-mail:kokusai@ow.shibaura-it.ac.jp