池田 貴政さん(機械機能工学科4年)が第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会RTミドルウェアコンテスト2015において奨励賞「インタラクションRTM賞」、「アドイン賞」を受賞しました。

【受賞者】 池田 貴政さん(機械機能工学科4年)

【指導教員】 松日楽 信人教授(機械機能工学科)

【発表題目】 歩行パターンを利用した人検出RTコンポーネント

【受賞内容】 近年、音声だけで操作でき、親しみやすい容姿を持つインタフェースロボットが注目されている。今回、測域センサ(レーザーレンジファインダ)で人の足首の動きを計測し、「歩幅」、「歩隔」、「歩幅・歩隔比」、「速さ」の情報を取得するシステムを開発した。これにより、子どもや大人、高齢者を判断して利用者への対応方法を変えるなど、ロボットのコミュニケーション能力向上に繋げることができた。