i-RSNPにおける人数推移システムの提案

野見山 大基さん(機械工学専攻2年)
野見山 大基さん(機械工学専攻2年)

野見山さんは、人に情報やコミュニケーションを提供するロボット(インタフェースロボット)の応用範囲拡大を目的として研究を行っている。

今回は、インタフェースロボットを使った新しいサービスの実現を目指し、距離センサを使用したロボットとユーザー(運営など)間で、イベントの受付などでの入退室の時間推移やイベント風景などの画像データを容易に共有できるシステムを開発した。このシステムは、インターネット経由で人数推移の共有が可能なため混雑が緩和できるなど、イベント運営側と来場者側の双方にメリットがあり、汎用性も高いので、新たなロボットサービスの実現が期待できる。

野見山さんは、「今回のシステムを利用した新たなロボットサービスの実現を目指していくと共に、インタフェースロボットの応用範囲を拡大するために必要な研究を進めていきたいです」と、今後の目標について話した。

<指導教員:松日楽 信人 教授(機械機能工学科)>