放射線グラフト膜による熱化学水素製造法の改善

近年、水素エネルギーの普及に向けた水素需要の高まりに応えるべく、新規水素製造法の開発が求められている。

小平さんが所属する分離システム工学研究室では、燃料電池や浄水器などさまざまな分野で利用されている分離「膜」の開発を行うことで、物質を分ける分離操作の効率化を目指している。

小平さんは、新規水素製造法の開発のため、熱化学水素製造法ISプロセスの効率改善に向けた、硫酸とヨウ化水素の高効率分離濃縮用のイオン交換膜の開発に取り組んでいる。
本学会では、膜の性能を左右するプロトン選択性、水の移動、電圧変化などの新たなデータを算出し、発表を行った。

今回の受賞について小平さんは、「社会では非常に重要視されている研究です。支えて下さった野村先生をはじめとする研究室、また外部研究者の皆様に感謝申し上げます。社会の声に応えられるよう、今後も努力を重ねていきたいと思います」と話している。

<指導教員:野村幹弘教授(応用化学科)>