エチレンジアミン水溶液のパーベーパーレーション分離

化学産業において、蒸留によるエネルギー消費量は全体の40%を占めており、蒸留方法の改善を行うことで省エネルギーに大きく貢献できる。蒸留に比べてプロセスが簡易で省エネルギーな分離法である膜分離が現在注目を集めており、現行のプロセスに膜分離を組み込むことで消費エネルギーが大きく削減できることが期待されている。

ゼオライト膜を用いた分離において、アルコールや酸の脱水は高い成果が報告されているが、アルカリ溶液の検討例は非常に少ない。
そこで北嶋さんは、アルカリ性の溶液であるエチレンジアミン(EDA)水溶液をオライト膜を用いて分離し、透過に伴うイオン交換の影響を評価する研究を行った。

受賞を受けて北嶋さんは「支えて下さった野村先生をはじめとする研究室の皆様に感謝申し上げます。今後とも倦まず弛まず研鑽を積んでいきたいです」と語った。

<指導教員:野村 幹弘 教授(応用化学科)>