欠陥造成地の更新

本コンペでは、卒業設計を通して自然災害や防災、コミュニティなどの問題に関する日本の建築学生の考えを世界へと発信していきたいという思いが込められ、国連防災世界会議仙台開催実行委員会会長賞が設けられた。

秦さんは、欠陥住宅を生んでしまうほど不安定な人工的地面である欠陥造成地を安全にするための長期仮設住宅をつくるため、全ての住民が安全かつ豊かに暮らしていけるよう、公園などと連携した【更新プロセス】を提案し、同賞を受賞。

「ベッドタウンに潜む問題を提起することができたので、大学院進学後もベッドタウンを改善していけるような研究につながればと考えています」と話している。

 

<指導教員:西沢 大良 教授(建築工学科)>