ゼオライト膜によるエチレンジアミン水溶液分離

蒸留によるエネルギー消費量は、化学産業の40%を占めており、蒸留方法の改善を行うことで省エネルギーに大きく貢献できる。蒸留に比べてプロセスが簡易で省エネルギーな分離法である膜分離が現在注目を集めており、現行のプロセスに膜分離を組み込むことで消費エネルギーが大きく削減できることが期待されている。

ゼオライト膜を用いた分離において、アルコールや酸の脱水は高い成果が報告されているがアルカリ溶液の検討例は非常に少ない。北嶋さんはアルカリ性の溶液であるエチレンジアミン(EDA)水溶液を、ゼオライト膜を用いて分離した。

「よりよい地球環境の構築のため、人と環境に優しい新規プロセスが構築できるよう、これからも研鑽を積んでいきたい」と話している。

 

<指導教員:野村 幹弘(応用化学科)>