イオン交換膜を用いたレドックス型反応器の開発

近年、水素エネルギーの普及に向けて水素の需要が高まっている。

小平さんは水素製造法として、ヨウ素(I)と硫黄(S)の化合物を利用した熱化学反応を組み合わせることにより、水を熱分解する「ISプロセス」の効率的な運転の実現に向けた研究に取り組む。

このプロセス中での反応のひとつであるブンゼン反応に用いる「カチオン交換膜」の開発を行っている小平さんは、交換膜中で起こる電子の移動の原理や、膜の性能評価のさまざまな指標を実験により算出した。

「研究自体は全プロセス中の一部分ですが、社会では非常に重要視されている研究です。社会の声に応えられるよう、ISプロセス実現へ向けて今後も努力を重ねていきたいと思います」と話している。

<指導教員:野村 幹弘(応用化学科)>