2月15日、豊洲キャンパス近くにあるアーバンドックららぽーと豊洲にて「宇宙開発学生団体Hoper's」がプロペラ紙飛行機工作教室を開催しました。

日曜日ということもあって会場には多くの子ども連れの家族が参加、用意していた140台分のプロペラ紙飛行機キットがすべてなくなるなど、大盛況となりました。
子どもたちは、学生の指導のもと、1階のイベントブースで真剣な表情で機体の製作と色塗りを行い、完成後は中庭で実際に飛ばす体験まで行い、自分の手で作った飛行機が空を飛ぶ様子を見て歓声をあげていました。

Hoper’s代表の岡田怜也さん(機械工学専攻1年)は「今回の工作教室も多くの子どもたちに参加してもらうことができました。子どもたちがこの教室を通じて、ものづくりの楽しさを体験し、芝浦工業大学とHoper’sを身近に感じていただけたら幸いです」と今回の成果を話しました。

宇宙開発団体Hoper'sは、このように子どもたちに工学の楽しさを伝える活動を積極的に行っており、これまでも夏にはペットボトルロケット工作教室を開催するなど、継続的な活動が地域に根付いてきています。

2015年度も引き続き開催予定ということで、ものづくりを通した地域貢献として、今後ますます活動の充実が期待されます。

イベントブースでは学生が子どもたちに飛行機の作り方を指導
イベントブースでは学生が子どもたちに飛行機の作り方を指導
できあがった飛行機を飛ばし、子どもたちの歓声が響いた
できあがった飛行機を飛ばし、子どもたちの歓声が響いた

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp