RTM-RSNPによる人数管理システム

野見山大基さん

野見山さんは、人に情報やコミュニケーションを提供するロボット(インタフェースロボット)の応用範囲拡大を目的として研究を行っている。

具体的には、インタフェースロボットを使った新しいサービスの実現を目指して、距離センサのみを使用した人数管理システムを開発した。このシステムは、インターネット経由で人数管理を行うことが可能であり、汎用性も高いので今後の新たなロボットサービスの実現が期待できる。

今後の抱負について野見山さんは「今回のシステムを利用した新たなロボットサービスの実現を目指していくと共に、インタフェースロボットの応用範囲拡大に必要な研究を進めてゆきたい」と話した。

RTM:ロボットシステムを作る際に、機能を持った要素ごとにプログラムを作成し、それらをつなぎ合わせることでシステムを構築するミドルウェア
RSNP:ロボットを共通の通信規格で動かすことができる仕組み

<指導教員:松日楽 信人 教授(機械機能工学科)>