でっかちハウス

守屋真一さん

人口減少と都心への一極集中が進む現在社会において、空き家は増加の一途を辿っており、特に郊外では顕著な現象となっている。守屋さんは、郊外から都心へ向かう流れと、それに逆行する都心から郊外へ向かう流れをマネジメントした提案が求められていると感じ、より短期的な賃貸のあり方を考察。空き家の「部屋」の一部を特化した改修を行い、まちに点在する空き家に特色をもたせることを考えた。異なる用途を持つ空き家に都心からの短期滞在者を呼込み、地方都市に人と資本の循環を生み出す構想だという。

受賞にあたって守屋さんは「空き家問題は人口が減少している現在では“移住”だけでは解決できない問題だと捉えています。人がいなくなってしまったあとにどのように人を呼び込み、そこで地域経済が動いて人々の豊かさに繋がるのかを今回考えました。現在取り組んでいる空き家改修プロジェクト(芝浦工業大学 学生プロジェクト)の経験が反映できたことも評価されたポイントだと思います」と話した。

共同制作者:鈴木愛子さん(建築学科原田研究室卒、現・東京工業大学大学院奥山研究室)

<指導教員:西沢 大良 教授(建設工学科)>