新規カチオン交換膜の水透過性とその応用

小平岳秀さん

熱化学水素製造法ISプロセスの実現に向け、ブンゼン反応の効率化は必須である。小平さんの研究では、ブンゼン反応を電気化学的に進行させるために必要なカチオン交換膜の開発を行った。

結果、放射線グラフト重合法を用い開発した膜は、代表的なカチオン交換膜であるNafionと比較して半分以下の水透過性を示した。過去、Nafionを用いて電気ブンゼン反応を進行させたところ、膜内での水の拡散が大きな問題となっていたため、今回開発した膜はNafion以上に電気ブンゼン反応に適していると考えられるという。

受賞に至ったと考えられるポイントを小平さんは「口頭発表だったため、資料のみやすさと話の展開、タイムマネージメントには特に注意しました」と話した。

<指導教員:野村 幹弘教授(応用化学科)>