熱化学水素製造法改善のためのカチオン交換膜開発

小平岳秀さん

小平さんは熱化学水素製造法ISプロセスにおける、ブンゼン反応を電気化学的に、効率よく進行させるためのカチオン交換膜の開発を行っている。

世界的に最も有名なイオン交換膜はNafionであるが、ブンゼン反応に適応した場合、膜内での水の拡散が問題となっていた。この問題を解決するために、放射線グラフト重合法を用いて架橋した膜を作製した。この膜はNafionよりも膜内での水の拡散が抑制されていたため、Nafion以上に膜ブンゼン反応に適した膜といえる。

今回、受賞に至ったと考えられるポイントについての質問に小平さんは、「発表態度として、相手の様子を伺いつつ発表を行うことを心がけ、私の内容に関して知識のある方には研究の中心部を、ない方には概要をといった形で発表の形を変化させました。また発表の最後には、研究内容を一言でまとめ上げ、より内容を理解してもらえるように努めました」と答えた。

<指導教員:野村 幹弘 教授(応用化学科)>