民家リノベーションによる地方活性化

守屋真一さん

東京への一極集中が進み、地方都市では過疎化が深刻さを増している。それに伴い空き家も増加している。このコンペでは問題の多い空き家を利用してまちを活性化し、移住者を受け入れることができるような提案が求められた。このため、老夫婦の終いの住処と賃貸住宅の併用を考える必要があった。そこで守屋さんは、賃貸住宅の利用の時間軸に種類を持たせる提案を行った。最も短い賃貸住宅としてゲストハウスを設け、空き家を介した人と資本の循環を提案した。

今回の受賞について守屋さんは「二次審査は北秋田の空き家でプレゼンを行いました。プログラム面で実現が見込めることが今回の受賞へとつながりました。実際に事業計画がたちそうな可能性があるという審査員の方々の助言を受け、現在実施へ向けてプロジェクトを進めています」と話した。

<指導教員:西沢 大良教授(建築工学科)>