環境地図情報と受信信号強度を使用した自律移動ロボット群の配置制御

斎藤崇彰さん

斎藤さんは、レスキューロボット遠隔操作のための無線通信を拡張する手段について研究を行っている。
それぞれのロボットは、自身と通信する他のロボット間との通信の強さを比べて、通信が弱い部分をフォローするように自ら判断し自律的に移動する。さらに各ロボットが周囲の様子をレーザーセンサで取得し、その情報を共有することで、安定した無線ネットワークの構築を行うというものであり、この内容について優秀論文発表賞を受賞した。

斎藤さんは、「実機への実装や実環境上での評価を行ったうえで、人々を助けるレスキューロボットの一部になれれば嬉しく思います」と話している。

<指導教員:内村裕 教授(機械工学科)>