味覚嗜好性に関するアメフラシ中枢神経応答の蛍光膜電位イメージングによる解析

 味覚は、食べ物の取捨選択を決定する重要な感覚である。この決定は、体内に存在する神経細胞間での情報処理によって実現しているが、そのメカニズムについては不明な点が多い。そこで三宅さんの研究では、味覚に関わる神経メカニズムの解明を目的とした。

同研究では、神経の新規解析法として着目しているVSDイメージングを用い、腹側動物アメフラシの味の好みに応じた神経応答を検出した。神経解析の従来法による検出結果との比較により、VSDイメージングは、味の好みと神経応答速度の相関解析に有用であることがわかった。

受賞に至ったと考えられる理由について三宅さんは「専門外の方にでもご理解いただけるように、わかりやすい言葉で説明しようとしたことが良かったのかもしれません」と話した。

<指導教員:吉見 靖男教授(応用化学科)>