地域文化功労者表彰とは、全国各地域において芸術文化の振興、文化財の保護等、地域文化の振興に功績のあった個人及び団体に対して、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するもの。
伊藤教授は平成8年から埼玉県の文化財審議委員を勤めており、永年にわたり地域文化の振興に貢献してきたことが評価された。なお埼玉県では旧姓の渡辺で活動している。

今後について伊藤教授は「埼玉県のみならず、山梨県等の文化財保護審議会委員と、国の文化審専門調査会委員を続けています。地域文化の評価を通した社会貢献とともに、それを教育に活かし、まちづくりに参加できる卒業生を育成することも私の目標です」と話した。