「とちぎデザイン・スクエア」(複合施設)

山本尚平さん(建築学科4年)

建築デザインの分野でもデジタルなツールの利用はますます進化している。本コンペティションは、24時間という短い時間の間でBIMソフトウェアというデジタルツールを使いこなし、設計をする未来のデザイナーを見つけ出すことを目的とするものである。

そこで山本さんは「ArchiCAD(BIM)」というツールを使い、3次元CADでの設計の魅力として、24時間という短い時間の中で主にボリュームのある空間を可視化できるという点と、スピーディーに作業を進められる効率性の2点を伝えられる作品を提案し、見事最優秀賞を受賞。「とちぎデザイン・スクエア」は、ひとつの箱の中にある連続する空間を、辺と点で知覚的な強弱をつけて空間の大きさを認識しやすいように設計された。
山本さんは「『ArchiCAD(BIM)』は設計業界の中で必需品となってきているので、このツールを手足のよう使える道具として、ひとつの武器にしていきたい」と受賞のよろこび話した。

 

<指導教員:土方 勝一郎 教授(建築学科)>