いきいきクラブロボットネットワークプロジェクト i-RSNPの提案

石田さんは、サービスロボットの通信規格の共通化を目的に開発されたRSNP(Robot Service Network Protocol)を使用することで、インターネット経由で多数のロボットをさまざまな場所から操作し、作業を効率よく行うことを目的に研究を行っている。
 
今回の発表では、シニアクラブで高齢者の活力向上を目的に研究されているApriPocoTMというコミュニケーションロボットをRSNPと組み合わせ、ロボットが取得したデータをクラブ間で共有する新しい情報提供サービスについて提案した。

石田さんは「提案したサービスの実現をするために、まずはロボットが取得したデータを共有できるシステムを構築します。その後、実際に高齢者の意見をまとめて、必要な機能の実装を目指していこうと考えています」と今後の目標を話している

<指導教員:松日楽信人教授(機械機能工学科)>