炭素—窒素軸不斉ベンゾキノリノン誘導体の特異な立体構造と回転障壁

鈴木裕哉さん

有機分子の中には「鏡像異性体」と言われる、人の右手と左手のように実像と鏡像が重なり合わないユニークな構造を持つ分子が存在する。この鏡像異性体は医薬品としても多く利用されているが、時に右手分子と左手分子(鏡像異性体)は効き目が異なることが知られており、片方は薬効があるのに対し、もう一方は毒性を持ち、副作用として働くものもある特殊な分子である。

鈴木さんは、このようなユニークな分子が相互変換するメカニズムと、その変換速度がわずかな構造の違いで大きく変化することを明らかにし、学会にて発表。優秀発表賞を受賞した。

今後は、今回の結果をもとに新たな医薬品創製に生かすことを目指していく。

<指導教員:北川理教授(応用化学科)>