HREM Observation and High-Pressure Composition Isotherm Measurement of Ti45Zr38Ni17 Quasicrystal Powders Synthesized by Mechanical Alloying

富永知樹さん

ニュースでも話題となっている水素で走る自動車や水素で発電する施設への応用が考えられている。中でも準結晶という構造をもつ合金を使うと水素を効率よく貯蔵できるのではないかと期待されている。富永さんは水素をコンパクトかつ軽量に貯蔵できる金属を探す研究を行っている。

具体的には、「そもそも準結晶構造を作製できているかどうか」を、ナノの世界を観察できる透過型電子顕微鏡(TEM)を用いて、準結晶特有の原子の並び方を確認した。

受賞について富永さんは「『どれだけ水素を貯蔵できるか』という実用面ではなく『準結晶の構造』という基礎研究に焦点を当てたところが受賞に至った理由かと考えています。また、ポーランドやタイへの留学経験がイギリスでの国際学会に活きたと考えています。そして、今回の受賞は柴藤剛さんをはじめ過去の先輩方の功績でもあります」と話した。

<指導教員:髙﨑 明人教授(機械機能工学科)>