電気抵抗値を用いた施工管理手法の一提案

小宮山さん

コンクリートの耐久性を高めるためには、コンクリート内部の水分状態を適切に管理することが重要である。そこで、小宮山さんはコンクリート表面に電極を埋設し、表層付近の電気抵抗値を測定することでコンクリート内部の水分状況を簡易的に計測することを研究の目的とした。

研究内容としては、コンクリート表層部分の電気抵抗値を測定することでコンクリートの内部水分量を把握し、将来的にそのコンクリートが有する強度や耐久性に加えて、養生条件の違いがコンクリート内部の水分量に与える影響も電気抵抗値によって測定することが可能となった。

受賞に際して小宮山さんは「学生生活の中で初めて優秀講演賞を受賞することができ、大変光栄に思います。現在、修士論文では異なるテーマに取り組んでいますが、そちらの研究でも成果を残せるよう努力していきたいと思います」と話した。

<指導教員:伊代田 岳史准教授(土木工学科)>