複合型陰イオン交換体を用いたIGZO液晶からの有用金属分離・回収技術の開発

矢部勇樹さん

矢部さんはインジウム、ガリウム、亜鉛の酸化物から構成されるIGZOからの、インジウム、ガリウム、亜鉛の相互分離及び回収をイオン交換クロマトグラフィーによって検討した。言い換えると、以上の3元素を含む混合溶液からの各金属イオンの分離・回収の検討を行った。その結果、亜硝酸塩を添加した硝酸水溶液下における陰イオン交換体を用いたカラム分離試験により、各金属イオンの相互分離が可能であることが明らかとなった。

矢部さんは「将来的にはIGZO液晶から有用な金属元素をすべて分離・回収できるようなプロセスを提案したい」と今後の抱負を話した。

<指導教員:新井 剛准教授(材料工学科)>