Triphenylphosphineを用いた希少金属元素回収プロセス体系化の基礎研究

松本佑美さん

我が国はレアメタルが枯渇しているため、都市鉱山をレアメタルの供給源とする必要がある。その都市鉱山からのレアメタルの回収には、溶媒抽出法が主流となっている。松本さんの研究では、その溶媒抽出法を用いたプロセスの効率化を目的とした。

具体的には、レアメタル分離・回収のための新規溶媒抽出剤に対する目的回収元素の抽出挙動を明らかにすると共に、これらの基礎的な知見を包括的に捉え、新規溶媒抽出剤による効率的な金属元素の分離・回収プロセスを検討した。

今後ついて松本さんは「私たちが提案した新規溶媒抽出剤を、実プロセスに応用できるように研究を進めていきたいと思います」と話した。
 

<指導教員:新井 剛准教授(材料工学科)>