Advanced Torque and Current Control Techniques for PMSMs with a Real-Time Simulator Installed Behavior Motor Model (リアルタイムシミュレータとビヘビアモータモデルを用いたトルクおよび電流制御手法)

モータを精度良く制御するにはそのモータの持つ様々な特性を正確に捉えておく事が重要になる。しかし実際のモータからその特性を正確に捉えるのは困難な場合があった。そこで、田辺さんは研究で、近年の解析技術と計算機の発達に着目し、解析技術を直接モータ制御に利用することで高性能なモータ制御手法を実現した。

受賞に至ったと考えられるポイントを田辺さんは「使用しているシステム(技術)自体が今までに発表されていない新しい技術であったことが評価されたと思います。日頃から先生や先輩からご指導を頂けたことも大きいです」と話した。

<指導教員:赤津 観准教授 (電気工学科)>