外界センサを用いた小型ヘリコプタの飛行制御

東日本大震災のような津波被害が発生した状況では、道路交通網が寸断されてしまう。以上のような状況下では、地上の状況に左右されない情報収集手段が必要となる。この課題を解決するために菅原さんは無人航空機の利用を提案した。

無人機を指示通り飛行させるためには、機体の位置情報が必要となる。そこで、菅原さんはカメラと超音波センサを複合させ、精度の高い位置の認識を行えるようにした。この研究により、位置認識精度の向上、及び無人航空機の姿勢安定化を行うに必要な情報を提供できるという。

今回、受賞に至ったと考えられるポイントについては「発表当日、なるべく分かりやすさを意識したプレゼンテーションを行いました。そして、研究の具体的な新規性や将来性のお話を交えることが受賞につながったと思います」とコメントした。

<指導教員:島田明教授(デザイン工学科)>