自動アングル機能を有したロボットカメラ

生田目祥吾さん、石田真一さん

ロボットの研究開発には大きなコストがかかるが、RTミドルウェアという共通のプラットフォームを利用することで、プロトタイプとなるロボットが短い開発期間で簡単に実現する。

そこで生田目さんと石田さんは、RTミドルウェアを利用し「自動で記念写真を撮ってくれるロボット」のプロトタイプを開発し、その基本的な動作を実現した。

生田目さんと石田さんは「今後は公開した機能に対してユーザからのフィードバックをもらい、研究を通して細かな問題点を解決したいです。また、この改善を通して多くの人に利用される魅力的な機能をもつロボットとなるように努力していきたいと思います」と話している。

<指導教員:松日楽信人教授(機械機能工学科)>