アドホックネットワークにおける2ホップ信頼性制御を用いたブロック伝送方式

三好匠教授、山崎託さん

アドホックネットワークと呼ばれる基地局なしでつながる無線ネットワークは、エラー低減と制御効率向上のため、複数のパケットにより構成されるブロック単位で通信制御を行う方式が提案されている。

三好教授と山崎さんは、ブロックを転送する際に、通信経路の近くに存在する端末が、協力的に転送を補助することでより効率的な通信方式を実現した。

山崎さんは「現在の提案方式は、制御を行う範囲を限定しているため、今後は制御範囲を限定せず、より汎用性が高く柔軟な制御を実現したいです。また、アドホックネットワークは実用化に至っていないため、アンテナの使えない災害現場などの通信手段として、この研究が実用化の一助となればと考えています」と話している。