自動運転から手動運転への切り替え時における運転動作

境 祥吾さん

現在、自動車の自動運転においてはドライバが監視していることが条件であり、緊急時はドライバが操作する必要がある。以上の背景からシステムを自動から手動に切り替える場合は安全に切り替えなければならないため、境さんは切り替え時におけるドライバの運転特性を調査することを目的とした。

具体的には、手動運転への切り替え時におけるドライバの運転特性をドライバの覚醒度(眠気)の違いから検討した。その結果、低覚醒時においては、覚醒時と比べてブレーキおよび操舵の運転特性に差異が生じる傾向がみられた。

「発表については、自分だけが研究した内容なので、自信を持って発表を行えました。わかりにくい内容の部分は、時間をつかってわかりやすく説明することを心掛けました。」(境さん)

<指導教員:廣瀬 敏也助教 澤田 東一教授(機械機能工学科)>