ドライバモデルを用いた先進緊急ブレーキシステムの作動タイミングに関する研究

金子 雄一さん

現在、追突事故の回避・被害低減を行うシステムとして先進緊急ブレーキシステムがあるが、この作動タイミングはどの運転者でも一律である。しかし、自動車のブレーキの操作は個人によって異なる。そこで、金子さんの研究では先進緊急ブレーキシステムの警報の作動タイミングを個人ごとのブレーキ操作を反映させたシステムとして構築し、その効果と有効性を検討することを目的とした。

研究では、衝突被害軽減および衝突回避を目的にした先進緊急ブレーキシステムについて、タイムディレイニューラルネットワークにより個人の制動特性を反映させたドライバモデルを構築し、それを先進緊急ブレーキシステムの警報の作動タイミングに用いた場合における効果を検討した。

受賞に至った理由について金子さんは「一人でこのような論文を描き上げることはできなかったと思います。指導教員の多大なる助言、協力をいただき、論文の執筆をしたことが受賞に至ったと理由だと思います。」とコメントしている。

<指導教員:澤田 東一教授・廣瀬 敏也助教(機械機能工学科)>

※先進緊急ブレーキシステム:警報,自動ブレーキにより、自動車の追突事故の回避・被害低減を行うシステムのこと

※タイムディレイニューラルネットワーク (TDNN):NNの一つで,指定した数の過去の時系列データを扱うことが可能な数学モデル