無機逆浸透膜による硫酸分離

池田 歩さん

現在、CO2を排出しない水素エネルギー社会の実現が期待されている。水素製造法の1つにISプロセスがあり、このプロセスを改良するためには硫酸の脱水が重要である。池田さんの研究では、シリカ膜による硫酸分離用逆浸透膜の開発を目的とした。そして、従来は食塩水の逆浸透分離で、世界最高レベルの阻止性能をもつシリカ膜が得られていたが、このシリカ膜を応用することで、硫酸からの脱水に成功した。

今後の目標について池田さんは「ISプロセスが改善されることで、環境に負荷をかけないクリーンな社会が実現できると考えられるので今後は、硫酸分離用逆浸透膜を長時間使用可能にするために、シリカ膜の硫酸への耐久性を向上させるための検討を行って行きたいと思います。」と話した。

<指導教員:野村 幹弘准教授(応用化学科)>