水素製造プロセス用カチオン交換膜の開発

小平 岳秀さん

水素製造法の1つであるISプロセスを実現させるために、ヨウ化水素と硫酸を生成する過程であるブンゼン反応の効率化は必須であり、現在イオン交換膜を用いて電気化学的に進行させる研究がなされている。

小平さんの研究で放射線グラフト重合法を用いて作製した膜は、代表的なカチオン交換膜であるNafionと比べ、2倍以上のイオン交換容量を持ち、かつ低い水の透過性を示したことから、Nafion以上にブンゼン反応に適した膜として開発することができた。

受賞にあたって小平さんは「ISプロセスは、年々増加する水素需要を満たす可能性を持った水素製造法です。社会からの期待も大きく、現在多くの研究者がその実現に向け、昼夜をおかぬ多大な努力をなさっているため、私も周りの方々に置いていかれることのないよう努力していきます。」とコメントした。

<指導教員:野村 幹弘准教授(応用化学科)>