自動アングル機能を有したロボットカメラ/自律・遠隔操作可能な追尾カメラ/PSDを用いた相互位置検出モジュール

生田目祥吾さん、石田真一さん、新井孝さん

「RTミドルウェア」というソフトウェア規格が普及することで、ロボットの複雑なプログラムを簡単に開発することができるようになる。生田目さん・石田さん・新井さんが所属する知能機械システム研究室も、このRTミドルウェアを利用してさまざまなロボットアプリケーションを作成し、外部に公開することでRTミドルウェアの魅力を伝え、普及の促進を目指している。

今回のコンテストで、生田目さんらは「人の代わりに記念写真を撮ってくれるロボット」や「自動で人を追いかけたり、インターネットを介して操作が可能となったりするカメラ」、「ロボットでテーブルの上にあるペットボトルを取れるようにするためのセンサ」などのロボットを製作し、複数の賞を受賞した。

生田目さんは「自分たちの研究成果をRTミドルウェアの一機能として公開することにより、世界中の誰もがその成果を利用することが可能になるため、さまざまな人にとって役立つような機能を開発・公開していきたいです」と今回の成果を話した。

<指導教員:松日楽信人教授(機械機能工学科)>