リン酸マグネシウムセメントによる放射性廃液固化の基礎研究

松島怜達さん

松島さんは、日本原子力研究開発機構東海再処理施設より発生するリン酸二水素ナトリウムを主成分とする放射性廃液を固化するための新規固化技術とし、リン酸マグネシウムセメントとして固化することに着目して研究を進めている。

リン酸マグネシウムセメントを作製する際、この反応が早く、長時間の混錬時間を確保することが困難であるため、リン酸二水素カリウムを添加することと、添加する酸化マグネシウムの粒度変化の2つを用いて、反応速度の抑制を行った。

松島さんは「今後は、引き続き反応速度の抑制を目的としてセメントを作製し、作製したセメントの基礎性状について調査していきたい。また、この結果を踏まえて、廃液に適応できるか検討していきたい」と話している。

<指導教員: 新井剛准教授(材料工学科)>