個人対応のドライバ制動モデルに関する研究

澤田 直樹さん

人間には様々な個性があり、個人の特性を反映したシステムを構築することで、一律制御のシステムが人に与える不快感や違和感を取り除くことが期待されている。

そこで澤田さんの研究では、現在研究・開発が進んでいる運転支援システムのひとつである自動制動システムに着目し、なかでも個人差が大きく現れる制動動作のモデル化を検討した。モデル化には、非線形制御のモデル構築が可能なタイムディレイニューラルネットワーク(Time Delay Neural Network:以下 TDNN)とニューラルネットワーク(Neural Network:以下 NN)を用い、TDNNはモデル構築において複数のパラメータを設定できることから、様々な条件においてドライバの制動動作を模擬させ、その模擬精度を検証した。

※NN:生物の神経系の特徴的な機能を人工的に模擬する数学モデル

※TDNN:NNの一つで,指定した数の過去の時系列データを扱うことが可能な数学モデル.

<指導教員:廣瀬 敏也 助教、澤田 東一 教授(機械機能工学科)>