RTM on Androidを用いたAndroid用マルチセンサコンポーネント群

立川 将さん、大野 祥平さん

自動化や機能付与にセンサ技術は欠かせない。しかし、センサの種類や実装方法は様々で、実装までに複雑な手順を持つものもある。そこで立川さんらは、Android端末に搭載されているセンサ群の情報を誰でも簡単に利用することができる開発支援ツールの実現を目指した。

具体的には、Android端末の持つセンサ値を従来のプログラムに気軽に組み込めるアプリケーションを開発した。これは14種類のセンサに対応しているため、組み込みセンサの代用品だけでなく、外部コントローラや他アプリケーションでの利用にも優れている。

「今後も”ユーザーが求めるモノ”とは何かを考え、一つでも多くの”便利”を実現し、世界の進歩に貢献していきたいです。そのためにも、業界や国・文化の枠を越えたモノづくりを率先して行い、物事をより多面的に捉えられるよう努めていこうと考えています」(立川さん)

<指導教員:佐々木毅助教 (デザイン工学科)>