化学センサを検出器とするフロー分析法の開発

正留隆教授

これまでダイオキシンなどの環境汚染化学物質類を分析するためには、大がかりな分析機器が用いられてきた。これを解決するために、正留教授は「化学センサ」という新たな分析装置を開発中である。この分析装置は、小型で軽く、計測が簡単で、試料溶液中にセンサを浸せば、そのなかの物質濃度が簡便に測定できる。また、高感度の分析結果がリアルタイムで得られるという装置である。

正留教授は、イオンセンサを組み込んだマイクロ化学チップを検出器とするフロー分析法の開発など、さまざまな化学センサを流れ分析法に応用した新規な分析法を提案しており、今回、化学センサの選択性と流れ分析法の迅速性に着目し、これらを結合した新しいフロー分析法を開発した。