2023年度 知と地の創造拠点フォーラム ~私たちのひとづくり、みらいづくり~

2024/02/01
  • セミナー
 
1.開催日程・開催方法

■開催日 :2024年3月15日(金)13:00~18:00
■会場  :大宮キャンパス・2号館3階 2301教室  
■参加費 :無料

2.内容(タイムスケジュール) 
第1部 「私たちがつくるみらい計画」:   13:00-14:00(大宮CP・2号館 3階2301)

【開会挨拶】複合領域産学官民連携推進本部長・学長 山田 純
【共催挨拶】さいしんコラボ産学官・専務理事 和田 広之

【基調講演】「新たな学びへの大学改革 そしてO-CAMP2027構想」
   講演者:O-CAMP2027実行委員長・システム理工学部部長 澤田 英行        0427_マップ _2k

【スポーツ健康関連共同研究事例】「さいたま市・大宮アルディージャとの共同研究」

      発表者:システム理工学部 生命科学科・教授 赤木 亮太


    


BOiCE活動事例】「芝浦工大のアントレプレナーシップ遺伝子」 
発表者:複合領域産学官民連携推進副本部・BOiCEセンター長 古瀬 利博          カラー_基本組み

    
第 2部 COC学生成果報告会&表彰式:    14:10-16:25(大宮CP・2号館 3階 2301)
・COC学生成果報告会
学生によるプレゼンテーション(各10分x9プロジェクト)

本学は、2013年度に文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)*」に採択されて以来、本学の持つ工学に関する「知」をもとに、キャンパスが立地する江東区・港区・埼玉県・さいたま市を中心とした地域との連携により、「地」の発展の拠点作りを進めています。これまで培ってきた研究活動をベースに、地域の企業、自治体、関係機関、人々とともに、「まちづくり」および「ものづくり」の観点から地域の抱える課題を抽出・分析し、その解決を図るプロジェクトをPBL(Project Based Learning)として実施するものです。今回、各プロジェクトに参加した学生より、その活動成果を発表いたします。(*平成29年度を以て5年間の文部科学省からの補助金交付が終了し、平成30年度からは、大学の自己資金にて活動を継続しております)


PJ番号
プロジェクトテーマ / プロジェクト代表教員 
※3月上旬、各プロジェクトのポスターを掲示予定です。
2301
知的創造の担い手となる人材育成のための産学官連携スキームの開発/ 機械制御システム学科 教授 長谷川 浩志
2302
江東内部河川・運河の活用とコミュニティ強化/建築学科 教授 志村 秀明
2303
地域に貢献できる大学パブリックスペースの提案/デザイン工学科 教授 橋田 規子
2304
「木のジャングルジム」を応用した伝統木造構法の現代的実践適用について/建築学科 准教授 小柏 典華
2305
地域志向活動型アクティブ・ラーニングのカリキュラムマネジメントとSDGS達成に向けての地域課題解決策の実践/環境システム学科 教授 増田 幸宏
2306
ARスポーツを活用した地域高齢者と学生との交流-“HADO”はインクルーシブスポーツとして有効か?-/情報工学科 教授 石﨑 聡之
2307
SDGSマインドを持った人材育成のための地域連携・学校連携型合同授業・社会活動の実践/環境システム学科 
教授 中口 毅博
2308
社会システム科学のアプローチによる課題解決:最適手法の探索と適用2023/環境システム学科 教授 市川 学
2309
インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト/電子工学科 教授 村上 嘉代子

第 3部 情報交換会 大宮CP生協食堂:    17:00-18:00(大宮CP生協食

COC学生成果報告会表彰式、ポスター掲示ほか
参加者同士の交流・情報交換ができる場を提供いたします。



なお、プログラムは時間、内容が変更になる場合もあります。
詳細につきましては、後日にお送りするご案内にてご確認をお願いします。

 お問い合わせ

芝浦工業大学 研究推進部 研究企画課
〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 研究棟3階)
TEL:03-5859-7180 FAX:03-5859-7181
E-mail:sangaku@ow.shibaura-it.ac.jp