環境科学研究室

環境を知り、環境との共存をめざす

人類は、地球と多様な生命から構成される地球環境システムに依存して生きています。近年そのシステムには種々の問題が生じてきていますが、それらの問題を乗り越えて共生の道を開いていくためには、そのシステムの理解が不可欠です。そのために他機関とも協力して環境の調査および生物・化学的解析を行うことにより、物質の循環やそれに関連する生物・反応などを明らかにするとともに、それら成果の応用を図っていきます。
環境科学研究室海水を採取してもらっているところです
システム理工学部
生命科学科(生命科学コース)
担当教員
布施 博之
所属学会環境バイオテクノロジー学会/日本微生物生態学会/日本農芸化学会
キーワード地球環境、バイオテクノロジー、エコロジー、地球科学、環境汚染、地球温暖化、環境分析、海洋、微生物

学べる分野

生命科学、環境科学、生物学、生物工学、応用化学

社会のために

物質循環に関連する反応を知ることは環境の理解に不可欠で、各種の応用にもつながっていきます。現在、海洋におけるメタンの分解機構を明らかにし、メタン分解活性の定量化を進めています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室