モーションコントロール研究室

Motion Control Laboratory

世界を救える運動制御技術を生み出そう!

モーションコントロール研究室の研究テーマ

科学技術には理論と実践が大切です。どちらが欠けても最高のものは生まれません。モーションコントロール研究室では、コンピュータを用いた制御技術を学び、多くのロボット制御実験を行います。めざすは「人を助けることのできる運動能力を持ったロボット(=産業機器、医療・福祉機器等)」の創出。ここでの研究経験はあなたを世界で通用するエンジニアに育てることになるでしょう。

デザイン工学部 デザイン工学科 ロボティクス・情報デザイン系 / 理工学研究科 修士課程電気電子情報工学専攻 / 理工学研究科 博士課程機能制御システム専攻
モーションコントロール研究室
担当教員 島田 明
キーワード
ロボット、メカトロニクス、運動制御、制御システム、モデリング、モデルベース設計開発、飛行ロボット、バイオメカニクス
研究室の場所
豊洲キャンパス本部棟 6F 06K09-2

この研究室が取り組んでいるSDGsの活動

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

学べる分野

  • ロボット工学
  • 制御工学
  • デザイン工学

社会のために

研究室の基盤技術は運動制御技術です。制御技術で安全な高速移動機器、災害地探索ロボット、救助ロボットなどを生み出し、産業・医療・家庭内を含むあらゆる領域・分野を革新します。

研究テーマ

  • ヒューマノイド型・クライミングロボットの研究
  • 小型飛行船ロボットの3次元移動制御
  • セグウェイ型二輪倒立振子ロボットの高速走行制御

関連コンテンツ

研究分野に関連する研究室を探す