知能機械システム研究室

人にやさしいヒューマンセントリックロボティクス

知能機械の代表であるロボットの研究を中心に行い、新しいコンセプトの創出や、その実現、また、ロボット技術を用いて身のまわりにある機械を高機能化することで社会に役立つ技術の研究をめざしています。人が活動する社会においてロボットシステムのコンセプトをどう設計するか、何に役立つのか目的意識を持つことが大切です。社会のニーズをとらえ、企業や他大学とも積極的に交流しています。
知能機械システム研究室学内外でロボット実験を沢山行っています
工学部 機械機能工学科
教授 松日楽 信人
所属学会 日本機械学会/計測自動制御学会/日本ロボット学会/IEEE
キーワード ロボット、ネットワーク、高齢社会、運動制御、遠隔操作、移動ロボット、サービスロボット、ロボットプラットフォーム、ヒューマンインターフェース

学べる分野

機械工学、電気工学、電子工学、情報工学、デザイン工学

社会のために

少子高齢社会においては、動きが速く力強いロボットよりも、人のそばで人を手伝うような安全で人にやさしいロボット技術が重要となってきます。新しい発想の新しいロボットが求められています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

人の身近で活躍するロボットを研究しています。実機のロボットが知能的に動くと非常におもしろく、研究が趣味になります。雰囲気はアットホームで穏やかです。また、さまざまな先端技術が身につくので、やりたいことが尽きません。ぜひ見にきてください。

関連リンク

関連する研究室