エネルギー・環境技術研究室

エネルギー変換・環境技術の新展開をめざしています

「熱エネルギー高度化利用に関係するエネルギー変換」が研究室のキーワードです。排熱から高効率で発電する新しい超小型熱電発電素子、反応式太陽熱集熱器、変動する太陽熱出力を一定温度にして貯蔵・輸送する化学ヒートポンプシステム、宇宙衛星用フレキシブルラジエタなどの研究を行っています。
エネルギー・環境技術研究室アルカリ金属熱再生型濃度差電池の発電部
工学部機械機能工学科
担当教員
田中 耕太郎
所属学会日本太陽エネルギー学会/化学工学会
キーワード次世代エネルギー、エネルギー変換、新エネルギー

学べる分野

エネルギー工学、機械工学

社会のために

再生可能エネルギーへの依存度を高めることは、将来の持続的社会の必須条件です。便利な生活を発展させながら、太陽・省エネルギー技術は大規模なものから身のまわりのものまで数多く出現すると思います。

研究テーマ

研究室クローズアップ

研究は宇宙で利用するものから、電気のないアフリカの奥地で利用するものなど多岐にわたり、ほかではやっていないものが多いので文献を探すのもやっとなほどです。そんなときは、みんなで力を合わせて解決に向け努力しています。

関連リンク

関連する研究室