物質工学研究室

水素社会に向けた新規水素吸蔵材料の探索や環境負荷の少ない軽量複合材料の提案等につながります。

高度化した社会の持続的発展には、環境に配慮した材料の高機能化が必要です。当研究室では、将来の燃料電池を中心とした水素社会を支える水素貯蔵技術や水素環境下で用いられる先進材料の特性評価、炭素系材料の複合化による高機能化・高性能化や機能性、薄膜等、材料の高機能化に関して多岐に渡る研究を進めています。
物質工学研究室Ti碁準結晶粉末の高分解能電子顕微鏡像
工学部機械機能工学科
担当教員
髙﨑 明人・アリチャ クリムコヴィッチ
所属学会日本金属学会/日本材料学会/米国材料学会(MRS)
キーワード水素、物質創製科学、循環型社会、準結晶、新素材

学べる分野

材料工学、機械工学、物理学、応用化学

社会のために

水素社会に向けた新規水素吸蔵材料の探索や環境負荷の少ない軽量複合材料の提案等につながります。

研究テーマ

研究室クローズアップ

私たちは研究を通して工学的、論理的な思考に日々磨きをかけています。教員と学生、また学生同士の関係もフラットで、国際交流も盛んに行っているため、研究のみならずいろいろなことが学べ、経験できる研究室です。

関連リンク

関連する研究室