材料工学科概要

「もの」の基本となるあらゆる材料について研究
金属、セラミックス、有機材料、複合材料などあらゆる材料を扱い、高機能材料、宇宙環境利用、ナノマテリアル物性物理、物質創製科学などをキーワードに、オリジナリティあふれる研究を展開していきます。

研究分野・領域

材料化学系
材料化学、有機反応・エネルギーなど材料工学に必要な化学知識の修得
材料性質系
鉄鋼、セラミックス、有機材料、環境材料、複合材料、半導体など各種材料の理解
機能評価系
磁気特性・X線構造解析・量子顕微鏡・湿度測定・熱分析等の原理および測定法などの理解
材料物理学系
量子論・量子論を基礎学問とした材料工学に必要な物理知識の修得
構造プロセス系
浮遊(無重力)プロセス、超急冷凝固、半導体デバイス製造プロセスなどの理解
テキスト
テキスト

学びのキーワード

  • 宇宙
  • エコロジー
  • 合金
  • 航空
  • 酸化反応
  • ジェットエンジン
  • 磁性体
  • 次世代エネルギー
  • 電力供給
  • ナノテクノロジー
  • バイオテクノロジー
  • 非鉄金属
  • 疲労破壊
  • 複合材料
  • 有機化学
  • リニアモータ

教員・研究者

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
本学科では、材料力学や熱力学に始まり、量子物性論や破壊力学に至る材 料工学のベースとなる基礎的理論を網羅的に学び、それらを金属、セラミックス(無機材料)、半導体、有機材料および種々の先端機能材料などの広範 囲な材料・物質に対するツールとして用いる方法を学び、プロセス、構造・ 機能物性の発現などへと発展させる教育カリキュラムを採用しています。これは他学科(例えば、応用物理学科、電子工学科、機械工学科、応用化学科 など)にはない本学科独自の講義体系であり、さらにそれらを演習、実験、ゼミナール、卒業研究において具体的な「材料」を対象として用いることで理解の向上を図っています。日々刻々と進化する、『新たな物質創製科学研究(マテリアル・サイエンス)』に十分対応できる、高度な専門知識の習得と、卒業後における産業界での新たな材料開発に十分対応できるエンジニア ならびに先端領域で活躍できる研究者育成を目指し、学科教員が一丸となって社会のニーズと飛躍的なる産業界の進歩に見合った高度な専門教育と広範囲な研究を行っています。さらに、今後は理学部的要素の強い本学科の特質を踏まえ、大学院と連動した下記3つのコースを立ち上げ、他大学にはない、本学科独自の新たな教育ならびに研究体制を構築しています。

  • 超伝導・高機能材料科学
  • 宇宙・極限環境材料科学
  • ナノ材料・分子デバイス科学

新たな物質創製科学研究は、21世紀に入った今、飛躍的に発展する研究 領域として位置付けられ、新領域分野となる、①IT産業の基盤材料(例 えば、半導体デバイス材料)、②ナノテクノロジー、③新エネルギー、④ エコロジーなどの今後の社会における主要キーワードを積極的にカリキュ ラムに取り入れ、学科独自の新たな教育と研究体制の確立に取り組んでいます。『材料工学科』の英語名称は、『Department of Materials Science and Engineering』であり、工学部に属する多くの学科の中で学科名称に『Science:サイエンス』が付く特異性を有し、物性物理学などの先端物理 的思考を重視しています。『大学ならではの物質科学研究に対する学問の 構築』と『物質、材料に対する知性の創成(Innovation of Materials Science Intelligence)』を目指すことが、本学科の教育方針です。上記の事項に 基づいて設定した各授業において学修・教育到達目標と到達目標を設定し、学修成果が一定のレベルに達した際に単位を付与します。
ディプロマ・ポリシー
材料工学科は、「材料・物質に対する高度な知性を身につけ、材料製造・開発の即戦力となる創造性豊かな人材の育成」を教育の根幹としています。本学科においては卒業までに以下の項目を満たすことを求め、卒業要件を満たしたものに学位を授与します。

(学修・教育目標)

  • 材料工学の知識・技術を基礎としつつ、より広い領域の課題を探求する姿勢を身につける。
  • 材料工学および物質科学を体系的に理解し、問題解決する能力を身につける。
  • 社会における課題を材料工学の知識を用いて多角的に分析し、解決方法を立案する能力を身につける。
カリキュラム・ポリシー
本学科では、材料力学や熱力学に始まり、量子物性論や破壊力学に至る材料工学のベースとなる基礎的理論を網羅的に学び、それらを金属、セラミックス(無機材料)、半導体、有機材料および種々の先端機能材料などの広範囲な材料・物質に対するツールとして用いる方法を学び、プロセス、構造・機能物性の発現などへと発展させる教育カリキュラムを採用しています。これは他学科(例えば、応用物理学科、電子工学科、機械工学科、応用化学科など)にはない本学科独自の講義体系であり、さらにそれらを演習、実験、ゼミナール、卒業研究において具体的な「材料」を対象として用いることで理解の向上を図っています。日々刻々と進化する、『新たな物質創製科学研究(マテリアル・サイエンス)』に十分対応できる、高度な専門知識の修得と、卒業後における産業界での新たな材料開発に十分対応できるエンジニアならびに先端領域で活躍できる研究者育成を目指し、学科教員が一丸となって社会のニーズと飛躍的なる産業界の進歩に見合った高度な専門教育と広範囲な研究を行っています。さらに、今後は理学部的要素の強い本学科の特質を踏まえ、大学院と連動した下記3つのコースを立ち上げ、他大学にはない、本学科独自の新たな教育ならびに研究体制を構築しています。

  • 超伝導・高機能材料科学
  • 宇宙・極限環境材料科学
  • ナノ材料・分子デバイス科学

新たな物質創製科学研究は、21世紀に入った今、飛躍的に発展する研究領域として位置付けられ、新領域分野となる、(1)IT産業の基盤材料(例えば、半導体デバイス材料)、(2)ナノテクノロジー、(3)新エネルギー、(4)エコロジーなどの今後の社会における主要キーワードを積極的にカリキュラムに取り入れ、学科独自の新たな教育と研究体制の確立に取り組んでいます。『材料工学科』の英語名称は、『Department of Materials Science and Engineering』であり、工学部に属する多くの学科の中で学科名称に『Science:サイエンス』が付く特異性を有し、物性物理学などの先端物理的思考を重視しています。『大学ならではの物質科学研究に対する学問の構築』と『物質、材料に対する知性の創成(Innovation of Materials Science Intelligence)』を目指すことが、本学科の教育方針です。上記の事項に基づいて設定した各授業において学修・教育到達目標と到達目標を設定し、学修成果が一定のレベルに達した際に単位を付与します。
アドミッション・ポリシー
より良い「材料」を追求することは、現代の科学技術の最も重要な基盤の一つです。材料工学科は物質の特徴を知り、それを材料として活用する手段を学ぶ場所であり、本学科の学生として以下の人物像を求めます。

  • 材料工学の背景となる自然科学・社会科学の基礎的な学力をつけた者
  • 材料工学を構成する様々な技術の基礎理論や応用展開に関心がある者
  • 材料を実際に触れ、材料の製造・開発や物性評価に対して価値を見出す者
  • 人類と材料の関わりに興味を持ち、将来の材料工学の発展に貢献する意欲を持つ者
  • 社会の様々な活動を地球規模の視野で捉え、かつ材料工学を礎として取り組みたいと考える者

上記に賛同し、本学科への入学を希望する人は、高等学校等において以下の能力等を身につけておくことが望まれます。
(1)高等学校等の課程で学ぶ知識・技能(特に外国語、数学、理科)
(2)思考力・判断力・表現力等の能力
(3)主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ能力

本学科においては、上記の能力等を総合的・多面的に評価するため、以下の入学者選抜を実施します。なお、評価の重みづけ(配点等)は、各選抜方式の要項を参照してください。

  • 前期・後期・全学統一日程入試では、(1)を重視するとともに、記述試験により(2)を評価します。
  • 大学入試センター利用方式では、多科目の合計点により(1)の総合的な能力を重視した評価を行います。
  • 指定校推薦、併設校推薦及び付属校推薦では、調査書により(1)(2)を評価し、面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。
  • 外国人特別入試および帰国生徒特別入試では、筆記試験、外部検定試験等により(1)(2)を評価し、面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。

学科データ

取得できる学位
学士(工学)
就学キャンパス
1・2年次/大宮  3・4年次/豊洲
人数
教員数
入学定員数
104名
学生数
大学院進学者数
32名(他大学院を含む)

その他データ

入学者推移(人)

 2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
入学者9313411199103
男女比率78:15107:2789:2287:1291:12

関連リンク