生命化学研究室

微(美)生物で生き生きライフー外も内もきれいにー

私たち人類が直面していて、早急に解決しなければならない重要な問題の一つに、生態系を支えている多種多様な生物・生命を維持していくことがあります。当研究室では、生物の多様性(資源)がバイオテクノロジーによって維持・開発され、私たちの身体を含めた地球環境浄化に効果的に利用されるべく、研究を進めています
生命化学研究室レアアース元素を細胞表面に吸着する微生物
工学部応用化学科
担当教員
山下 光雄
所属学会日本生物工学会/日本農芸化学会/日本生化学会
キーワード環境改善、バイオテクノロジー、レアメタル、環境汚染、環境浄化、資源供給、アレルギー、免疫、遺伝子工学

学べる分野

生命科学、応用化学、生物工学

社会のために

ものをつくるとゴミができます。お金を払ってゴミを捨てているのが現状です。捨てるゴミの量が増えると害や毒にもなります。生物の力を利用して廃棄物を浄化し、その中から有用物質(レアメタル)をリサイクルする技術を開発しようとしています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室