無機物質化学研究室

セラミックスの新しいつくり方とリサイクルを探る

最新の電子機器には、セラミックスを基礎とした部品が数多く使われています。これらセラミックスは作製が難しく、安く簡単につくる方法が求められています。また白色LEDなど近年開発された電子部品にはガリウムなどの希少な元素が含まれており、これら元素の回収法の開発も求められています。当研究室では、反応プロセスの改良や反応装置を工夫することで、セラミックス材料の新たな作製法の開発、および製品からの元素の回収法の開発を行っています。
無機物質化学研究室気相法で作製した窒化ガリウム結晶
工学部応用化学科
担当教員
清野 肇
所属学会日本セラミックス協会/日本化学会/日本熱測定学会/資源・素材学会
キーワードセラミックス、新素材、発光ダイオード、リサイクル

学べる分野

化学、応用化学、材料工学

社会のために

白色LEDや次世代半導体などに使われるセラミックスの作製方法やリサイクル方法の開発で、省エネルギー化および省資源化に寄与します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室