臨床機械加工研究室

機械加工、工作機械、成形加工、CAD/CAM、材料・素材、熟練技能などに関連する多角的な研究を実施し、生産現場に直結した機械加工技術の開発に取り組みます

金型は自動車、航空機、家電など二業製品の量産製造に欠くことのできない重要なツールです。当研究室では、金型をつくるために必要な機械加工、工作機械、成形加工、CAD/CAM、材料・素材、熟練技能などに関連する多角的な研究を実施し、デザイン価値と機能性価値の両立を実現し、世界をリードする新しい金型技術の開発をめざします。
金型デザイン工学研究室低環境負荷・高能率・高精度金型加工
デザイン工学部デザイン工学科(生産・プロダクトデザイン系)
担当教員澤 武一
所属学会精密工学会/砥粒加工学会/切削油技術研究会/型技術協会
キーワード金型、加工、生産システム

学べる分野

機械工学

社会のために

​ものづくり技術の発展に貢献し、日本の製造業および日本経済を支える機械加工技術の研究を行います。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室