日本学生支援機構奨学金

貸与奨学金

学力、人物とも優秀かつ健康であり、経済的理由により学資の支弁が困難な学生を対象に、日本学生支援
機構の定める学力基準、収入基準の双方を満たす場合に貸与される奨学金です。

学部生

(2019年度入学者の場合)
  第一種(無利子貸与) 第二種(有利子貸与)
募集時期 3月下旬〜4月上旬(説明会の参加必須)
貸与月額 自宅通学 20,000円、30,000円、
40,000円、54,000円
20,000円〜120,000円
(10,000円単位)
自宅外通学 20,000円、30,000円、
40,000円、50,000円、64,000円
返還利率 無利子 無利子年利3%が上限
貸与期間 最短修業年限(1年ごとに更新)
出願資格 1年生 高校の評定平均値が3.5以上
(または、家計支持者が住民税非課税
であって特定の学力基準を満たす者)
高校の評定平均値が3.2以上
2年生以上 前学年後期までの成績が
学科上位1/3以内
前学年後期までの成績が平均水準以上
(修業年限以内の卒業が可能な取得単位数)
問合せ先 学生課
※第一種奨学金について、2017年度以降入学生より家計基準によって成績基準緩和措置あり。
第一種奨学金の下線付きの月額は、平成30年度入学者(途中年次への編入学及び再入学を除く)から新たに選択できるようになった月額です。平成29年度以前入学者は下線付きの月額を選択できません。また、第一種奨学金の最高月額について、平成30年度以降入学者は奨学金申込時の家計支持者の収入が一定額以上の場合は利用できません。

大学院生

(2019年度入学者の場合)
  第一種(無利子貸与) 第二種(有利子貸与)
募集時期 3月下旬〜4月上旬(説明会の参加必須)
貸与月額 修士課程 50,000円、88,000円 50,000円、80,000円、100,000円、
130,000円、150,000円
博士課程 80,000円、122,000円
返還利率 無利子 年利3%が上限
貸与期間 最短修業年限(1年ごとに更新)
出願資格 人物・成績に優れ、将来教育・研究者・高度の専門性を要する職業人として活躍する能力があること。成績が重視され、親の収入は考慮されない( 本人および配偶者の収入合計に対する基準あり)。
問合せ先 大学院課

継続と適格認定

採用決定後も、継続して奨学金を必要とする者は毎年1月頃に継続の手続きを行い、適格認定を受けなければなりません。継続願の記載内容と学業成績などにより審査され、奨学金継続の可否が決定されます。また手続きを怠った場合も継続の意思なしとして貸与が終了します。
手続きについての詳細は掲示またはメールでお知らせしますので必ず確認してください。
※奨学金の貸与が必要なくなった場合は速やかに辞退の手続きをしてください。

入学前の予約採用者

高校在学中に採用候補者として採用が内定している人は「採用候補者決定通知」を期日までに窓口に提出してください。

入学前に貸与を受けていた学生

本学入学前に高校、大学で日本学生支援機構奨学生であった人は、「在学届」をスカラネットパーソナルにて提出してください。この届により在学中の返還が猶予されます。届け出に必要な学校番号は窓口にてお伝えいたします。
大学院に進学した場合も同様です。

※家計急変に対応した「緊急採用」「応急採用」奨学金もあります。緊急に奨学金が必要になった場合は、窓口
で相談してください。

給付奨学金

日本学生支援機構の給付奨学金は、優秀な学生で経済的に修学困難な学生の進学を後押しするために返還義務のない奨学金を交付するものです。高校在学中に採用候補者として採用が内定している人は『採用候補者決定通知』を期日までに窓口に提出してください。また、採用決定者は、給付奨学生としての適格性を保ち続ける必要があるため、毎年12月頃に継続の手続きを行い、適格認定を受けなければなりません。