まちのえんがわプロジェクト

プロジェクト概要

【代表者】
関根 康介(建築工学科4年)

【活動内容】
地域住民と学生の交流拠点となる「縁側」空間をつくる。
千葉県松戸市にある空きアパートに地域住民のための「縁側」を施工し、地域交流イベントを開催する。

【報告書】
活動状況報告書10月号(1017.1 KB)

年間スケジュール

2月 プロジェクト実施の交渉
3月 実施予定地の見学打合せ/スタディ、ディテールの検討/木材提供先(廃材)の模索の実施
4月 アパートの大家さん、Mad Cityの代表取締役・アシスタントマネージャーとの打ち合わせ
5月 材料となる廃材の見学
6月~7月 施工/イベントの実施/プロジェクト後の調査

イベント実施報告

7月8日(日)実施内容

自分たちが借りているワンルームマンションの小さな庭で、地域住民との交流イベントを開催しました。 せっかく住むのだから、地域の方と繋がりたいという思いから始まり、参加者15名でのイベントとなりました。 自分たちの制作物である「アーバンテトリス」に腰掛けて、食事をしながら、それを使った今後の活動について、意見を交換することができました。
2018_まちのえんがわプロジェクト01
2018_まちのえんがわプロジェクト02
2018_まちのえんがわプロジェクト03
2018_まちのえんがわプロジェクト04
2018_まちのえんがわプロジェクト05
2018_まちのえんがわプロジェクト06
2018_まちのえんがわプロジェクト07