すみだの’巣’づくりプロジェクト

プロジェクト概要

【代表者】
須野原 拓海(環境システム学科3年)

【活動内容】
木造密集市街地での防災を考えたまちづくりや地域の防災意識を向上させる取り組みを行う。最終目標である「学生がいなくても地域がつながり続ける」を目指す。

【報告書】
活動状況報告書10月号(1.5 MB)
すみだの’巣’づくりプロジェクト概要

年間スケジュール

地域情報の情報発信「地域・つながりの見える化事業」
防災ものづくり
防災遠足運営会議
年間 週に1回程度 ミーティング
5月 防災こども食堂への参加、第43回わんぱく相撲墨田区大会、お宝市
6月 地域交流イベント「みまもり企画」、わんぱく防災フェスタ
8月 地域交流イベント「ふじのき企画」、夏休み宿題DAY(防災工作・実験講座)
9月 防災遠足、カエルキャラバン、小学校連携防災講座、地域交流イベントの参加
10月 地域交流イベント「みまもり企画」
11月 みんなの防災まつりへの参加、地域交流イベントの参加、地域交流イベント「たまかわマルシェ&防災相談会」の参加
(2019.07.24掲載)学生プロジェクトと教員が「池上彰と考える2020年の東京」に登壇しました